説明文の学習(1)要旨のまとめ方:東京書籍編

指導方法
Screenshot
つばさ
つばさ

要旨のまとめ方ってどうすればいいのでしょうか。

 国語の説明文の学習の一つに、文章の要旨をまとめるという学習があります。

 今回は、「要旨のまとめ方」について書きます。

 特に、今回は、東京書籍の教材を使いますので、「東京書籍編」としました。

要旨のまとめ方:説明文の学習(1):東京書籍編

🟠要旨のまとめ方

<小学校学習指導要領に記載されていること>

 2017(平成29)年に出された現行の小学校学習指導要領には、国語の第5学年および第6学年の内容の「C 読むこと」として次のように書いています。

(1)読むことに関する次の事項を身につけることができるようにする。

ア 事実と感想、意見などの関係を叙述を基に押さえ、文章全体の構成を捉えて要旨を把握すること

小学校学習指導要領 平成29年7月

 さらに、同指導要領の「解説国語編」には、要旨について次のように書いています。

 要旨とは、書き手が文章で取り上げている内容の中心となる事柄や、書き手の考えの中心となる事柄などである。要旨を把握するためには文章全体の構成を捉えることが必要になる。文章の各部分だけを取り上げるのではなく、全体を通してどのように構成されているのかを正確に捉えることが重要である。

小学校学習指導要領(平成29年告示)解説 国語編

 このことを踏まえて、高学年で要旨をまとめる方法について、具体的な私見を述べたいと思います。

<要旨のまとめ方・全体の流れ>

 個人的には、順次を追って、次のような方法を行えば、要旨をまとめることができるのではないかな、と考えています。

  1. 説明文の形式段落に番号を打つ。
  2. 形式段落に書かれていることを、35字~50字程度にまとめる。
  3. 形式段落に書かれていることをもとに、いくつか意味段落に分けて、どのような構成になっているかとらえる。
  4. 意味段落毎に内容を50字~100字程度にまとめる。
  5. 意味段落の内容をまとめたものを元に、要旨にまとめる。

 ここでは、教材として、2024(令和6)年から東京書籍の5年生に新教材として採択されたインターネットは冒険だ」を使って、具体的な説明することにします。

<説明文の形式段落に番号を打つ>

 この「インターネットは冒険だ」という説明文では、形式段落(段落のはじめが、一字下りになっているところ)は、15段落あります。

 教科書に、①、②と番号を打ちます。

<形式段落に書かれていることを、35字~50字程度にまとめる>

 形式段落の内容をまとめると、次の通りです。

① インターネットのおかげで世界の出来事を知ることができるが特徴と危険を知る必要がある。

② 近くの川で人がおぼれインターネットで話題になっていることを家族から聞いたと仮定する。

③ インターネットの特徴はだれもが情報を発信できることで、知り得る世界は広がった。

④ だれもが発信できるのでさまざまな情報が入り混じりうそや大さなものが混じる危険がある。

⑤ だからインターネットの話題の発信者を知ることが大切だが、気にする若者は少ない。

⑥ サイトでは小学生が助けるのを見たと子どもが言っていたとあるが、自分の言葉だった。

⑦ インターネットの情報が速く広がる特徴は、ボタン一つでシェアできる仕組みがあるからだ。

⑧ この仕組みは事実か不確かなまま伝言ゲームのようにうわさが拡散することもありうる。

⑨ 情報が広がるもう一つの原因は、情報発信した人にお金が入る仕組みがあるからだ。

⑩ 次の日友達と話すとヒーローの小学生を探すさわぎになっていて友達も小学生と信じていた。  

⑪ インターネットのもう一つの特徴は、読み手によってとどく情報がちがうことだ。

⑫ そのせいで自分の興味のある情報や思いやすい情報にかこまれてしまう危険がある。

⑬ 自分のふれる情報だけが正しいと思わないように、友達や家族と話すことが大切だ。

⑭ このように気軽で便利に使えるので、インターネットにはさまざまな危険がひそんでいる。

⑮ 危険性を理かいさえしていれば、インターネットは、わくわくできる冒険になるはずだ

 1234567890123456789012345678901234567890

<形式段落に書かれていることをもとに、いくつか意味段落に分けて、どのような構成になっているかとらえる>

 文章を読んでみると、次のような意味段落に分かれるていることがわかります。

 はじめ(序論)の部分は、形式段落①だけです。

 なか1(本論1)の部分は、形式段落②~⑤までです。

 なか2(本論2)の部分は、形式段落⑥~⑨までです。

 なか3(本論3)の部分は、形式段落⑩~⑬までです。

 おわり(結論)の部分は、形式段落⑭~⑮までです。

<意味段落毎に内容を50字~100字程度にまとめる>

 はじめ(序論)の部分をまとめると、次のようになります。

・インターネットのおかげで、世界の出来事を気軽に知ることができるようになった。インタネットには、冒険のような楽しさと危険がある。 

 なか1(本論1)の部分をまとめると、次のようになります。

・インターネットの特徴はだれもが情報を発信できることだ。しかし、だれもが発信できるために、うそや大げさなものが混じる危険がある。

 なか2(本論2)の部分をまとめると、次のようになります。

・インターネットには、情報が広がるのが速いという特徴もある。ボタン一つでシェアできる仕組みと、情報を発信している人にお金が入る仕組みがある。事実でない情報もシェアされてしまう危険がある。

 なか3(本論3)の部分をまとめると、次のようになります。

・インターネットの特徴は、読み手一人一人にとどく情報がちがうということもある。自分の興味のある情報にだけかこまれてしまう危険もあるので、友達や家族と話すことも大切だ。

 おわり(結論)の部分をまとめると、次のようになります。

・インターネットには危険もある。その危険性を理かいしていると、インターネットは、冒険のようにいろいろなものに出会え、わくわくできる。 

<意味段落の内容をまとめたものを元に、要旨にまとめる>

 先程まとめた内容をそのままつなげると、次のようになります。

・インターネットのおかげで、世界の出来事を気軽に知ることができるようになった。インターネットには、冒険のような楽しさと危険がある。インターネットの特徴はだれもが情報を発信できることだ。しかし、だれもが発信できるために、うそや大げさなものが混じる危険がある。インターネットには、情報が広がるのが速いという特徴もある。ボタン一つでシェアできる仕組みと、情報を発信している人にお金が入る仕組みがある。事実でない情報もシェアされてしまう危険がある。インターネットの特徴は、読み手一人一人にとどく情報がちがうということもある。自分の興味のある情報にだけかこまれてしまう危険もあるので、友達や家族と話すことも大切だ。インターネットには危険もある。その危険性を理かいしていると、インターネットは、冒険のようにいろいろなものに出会え、わくわくできる。(366字)

 このままでもいいのですが、もう少し短い文章にまとめたいと思います。

 その際、何文字程度にするか予め決めておくといいでしょう。

 100字でも200字でもいいと思います。

 この東京書籍の教科書では、この説明文の後に次のような「学習の手引き」のようなページが設けられていて、次のように書かれています。

▼筆者の考えと事例の関係に注意して、要旨をまとめましょう。

 ・二百字以内に整理して書きましょう。

新編新しい国語五 53ページ

 そこで、ここでは、200字以内にまとめることにします。

 先程の文章の中から、「インターネット」のような重複している言葉を取り除いたり、「三つの特徴がある」というような束ねる言葉を付け加えたり、重要な言葉を残したりしながら200字になるように取捨選択を繰り返します。

 すると、要旨は、次のようになります。

 インターネットのおかげで、世界の出来事を気軽に知ることができる。インターネットには、冒険のような楽しさと危険があり、三つの特徴がある。一つ目は、インターネットはだれもが情報発信できるが、うそが混じる危険がある。二つ目は、情報が広がるのが速いが、事実でない情報がシェアされる危険がある。三つ目は、読み手にとどく情報がちがうので、興味ある情報だけを得る危険がある。危険性を理かいして利用しよう。(196文字)

<まとめにかえて>

 いかがでしょうか。このような手順を踏むと、誰でも要旨をまとめることができます。

 とはいえ、要旨をまとめる学習は、全ての子どもがすぐにできることではありません。

 できれば、指導者にある教員のみなさんには、最初は私がまとめた要旨を見ないで、自分で要旨をまとめてみてほしいと思います。そうすると、要旨をまとめることの苦しさと楽しさがわかるようになると思います。

 要旨をまとめるという学習は、1度したからといって、上手になるものではありません。では、どうすればいいのでしょうか。

 一つの方法として、社会科や家庭科などの他の教科書を使うという方法があります。

 それらの教科書に書かれている内容をこの方法を使ってまとめて見るというのはいかがでしょうか。

 きっと子どもたちは、国語の要旨をまとめるという学習をする意味がよくわかり、他の教科でも活用できるよさに気づくと思います。

⭐️ ⭐️

 この記事とは関係がないのですが、少し宣伝をさせてください。

 このブログを運営しています鴫田岡明(しぎた・おかあき)が、kindle出版で電子書籍を作りました。

学校のマナー」という本です。

 読むためには、Kindle unlimitedに入会するか、購入費がいるのですが、5月25日(土)と26日(日)の2日間は無料で読めるようにしています。

 お時間があるようでしたら、お読みください。

「学校のマナー」に進む

 なお、説明文の指導の仕方について、次の文章もお読みください。

説明文の指導の仕方(1)指導計画に進む内部リンク

説明文の指導の仕方(2)2次と3次の指導に進む内部リンク

説明文の指導の仕方(3)指導計画の実際に進む内部リンク

説明文の指導の仕方(4)1次の指導の実際に進む内部リンク

説明文の指導の仕方(5)2次の指導の実際①に進む内部リンク

説明文の指導の仕方(6)2次の指導の実際②に進む内部リンク

説明文の指導の仕方(7)筆者の表現の工夫に進む内部リンク

説明文の指導の仕方(8)3次・調べ学習に進む内部リンク

説明文の指導の仕方(9)3次・書く時の指導に進む内部リンク

説明文の指導の仕方(10)考えておくとよいことに進む内部リンク

 要旨をとらえることを目標にしている教材には、次のようなものがあります。

言葉の意味が分かること 教材分析048に進む内部リンク

インターネットは冒険だ 教材分析119に進む内部リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました